豊中市 歯科/千里中央の野上歯科クリニック

Home > インプラント > インプラントCT診断

インプラントCT診断

CT撮影して、診断ソフトで診断(パノラマレントゲンのみだと骨の立体像が把握できないので危険です。)
この後、患者さんに説明を行い、インプラント治療を希望した方は、治療開始します。

できるだけ1~2本の少ない段階で、骨の条件の良い方をしっかり診断してインプラント治療を行います。

通常のパノラマレントゲン

通常のパノラマレントゲン

一つの方向からの平面像しか見えないため、
診断が確実でない

CTを診断ソフトで診断した画像

骨、神経の位置、上顎の位置などをいろんな方向から立体的に診断できる。
手術前にインプラントの長さや太さ、埋入方法などを正確に診断できるので安全。

CTを診断ソフトで診断した画像 iCAT
CTを診断ソフトで診断した画像 ノーベルガイド

現在まで、野上歯科クリニックで、インプラント治療を行った方で、インプラントの脱落した方や失敗した方は一例もありません。

豊中市 歯科/千里中央の野上歯科クリニック トップへ戻る

Home > インプラント > インプラントCT診断

HOMEドクター紹介治療内容院内紹介アクセスお問合せ

Copyright c 2017 豊中市 歯科/千里中央の野上歯科クリニックAll Rights Reserved./powered by JHM